コラム

信者になってはいけない

2020.06.2609:00

カテゴリー:コラム

信者になってはいけない

ある方がSNSで紹介されていた「経済学」の本を読みました。
一応、私も経済学部出身でありますので、少しは経済知識をかじったつもりでいましたが、ランチェスター戦略を初めて知った時のように強い衝撃を受けました。

① お金をジャブジャブと増刷して金利を安くしたところで、デフレ対策にはならない。
② お金とは信用取引の形を変えたもので、真の経済はお金を中心に回っているものではない。
③ 「国内政府の収支」を健全にしたところで、財政破綻は免れない。事実、ギリシャもアルゼンチンも財政が健全化(プライマリーバランス黒字化)した上で破綻した。

この本を要約すると、こんなところでしょうか。
これまで私は、政府も企業経営と同様に「収入と支出のバランス」が大事だという思い込みがあったのですが、必ずしもそうではないということを知りました。
「お金」というものの価値観も改めさせられました。

何事も「固定概念を捨てる」「常識を疑う」ということは、難しくもありますがとても大切なことです。
「信者になってはいけない」

自分自身で物事を考えられるように、素直になってもっと多くの学びと経験をしていかなければと思った出来事でした。

利益(りえき・りやく)

2020.01.1718:19

カテゴリー:コラム

利益(りえき・りやく)

「御利益(ごりやく)がありますように。」

神社での参拝の時によく使う言葉なのですが、もともとは仏教用語で、「善い行い、人のためになることをして、仏様から与えられる恵み」のことを言うようです。転じて、「御」を取れば、「利益(りえき)」と読みます。「利益」とは、「自分のための得」のことであり、「御利益(ごりやく)」とはまた少し違った意味になります。

今回は、「利益(りえき)」の意味を考えてみたいと思います。会社は、何のために「利益」を出すのでしょうか?そして、「利益」とは、何なのか?どうやって計算するのか?本当に理解しているでしょうか?会計人も企業の求めに応じて、その意味も理解せずに必要に迫られて、計算しているように思えます。(私も含めて) そして、この「利益」の計算を、企業は、税務署・銀行・株主のために、わざわざ1ヶ月・四半期・1年と区切って計算をします。報告の義務があるからです。

ドラッガーも言っています。『「事業年度という暴君」から自らを解放しないかぎり、合理的な事業のマネジメントは行えない。「現代の経営(上)」P106参照』

期間利益計算にこだわりすぎると、短期的視点の経営を促し、長期的視点の経営の足を引っ張ることがあります。このことを肝に銘じ、「利益」と付き合っていきたいものです。

このはずくサイトを公開しました

2019.01.2917:03

カテゴリー:コラム

このはずくサイトを公開しました

クリエイター専門税理士によるコラムを更新していきます。

お楽しみにしてください。